« お別れ | トップページ

2016年8月 3日 (水)

ありがとうビッキー

今日もビッキーはただ眠っているかのようで、とても安らかな顔でした。
「いい子だね、可愛いね」そう言いながら撫でていると目を覚ましてくれるんじゃないかと思ってしまうぐらい。
そして最後のお別れの日がやってきてしまった。
本日、8月2日にビッキーを火葬し、そのまま納骨させてもらいました。
でかチワワなんて言ってたけど
遺灰はとても小さくて、躊躇われたけどどうしても身近にも置いておきたくて、ほんの少しだけ分骨して持ち帰りました。
昨日まではビッキーに触れられたのに今は小さく小さくなってしまいました。


001

それでもなお、ビッキーの死をまだ信じられない気持ちがあって戸惑ってしまう。
前日には仕事部屋に入ってきて足元で寝てたり、珍しく食事をしてくれたりしてたから実感がわかない。
それでいて
目をつぶると、ビッキーのとても苦しくて助けを求める顔が浮かんでしまい胸が張り裂けそうになる。
急変するのが、あと3時間遅れていてくれれば病院へ行けたのにと思うと悔やまれる。
助からなかったとしても、あれほど苦しまなくて済んだのにと。
そして、酸素ハウスから出して腕のなかで看取ってあげたかったと、後悔だらけ。
とてもいい子のビッキーだったのに、あんなに苦しい思いをさせてしまった。
死を受け入れらない気持ちとしてあげられなかった多くの後悔と、深い悲しみが交差して・・・
きっと時間が解決してくれるのかもしれないけど、やっぱり今は無理。
でも、泣いてばかりいたらビッキーが天国へ行けなくなっちゃうから頑張ってみるね。

みーちゃんにも心配をいっぱいかけちゃったけど、私は大丈夫だからね。「ありがとう」


ビッキーには本当にたくさんの楽しい思い出をもらいました。
11年という短い時間だったけど、一緒にいられて幸せだった。
ビッキー、たくさんの幸せをありがとう。
ママの息子でいてくれてありがとう。
やさしいビッキーが大好きだったよ、そしてこれからも。



002
みーちゃん&パピーさんからのプレゼントが届いたのが出かける前だったのでビッキーにオモチャを抱かせられてよかった。奇跡的だった。
ありがとうみーちゃん、パピーさん。

|

« お別れ | トップページ

ビッキーのこと」カテゴリの記事

コメント

泣けて泣けて…ママさんの気持ちが痛いほどよくわかります。
どんな状況でも後悔は絶対あります。
うちはぽんずをあんなに早く、しかも突然亡くしてしまったけど後悔だらけでした。
今でも申し訳なくて涙することもあります。
忘れたことなんて一日たりともありません…
たしかに泣いてばかりだとビッキーくんが心配して、ママさんの側を離れられなくなっちゃうかもしれないけど、今はいっぱいいっぱい泣いてください。
あたしもビッキーくん大好きっ。
虹の橋で再会したら、今度は嫌がらずにいっぱい抱っこさせてね。

投稿: ぽんずママ | 2016年8月 3日 (水) 21時07分

辛いね・・・。
どんな形でも後悔はあると思うの。
私はピースケの最期の時に傍にいてあげられなかったことが一番の後悔だけど、苦しむ姿を私に見せないように急いで逝っちゃったのかなって、自分勝手な解釈をしてきました。
ビッキー、大好きなママの腕の中で、苦しんだかもかもしれないけど、きっと一番安心できる場所を選んだのよ。
今は悲しくて、寂しくて、苦しくてたまらないと思うけど・・・
我慢しないでいっぱい泣いていいんだよ。
それもビッキーへの供養だと思います。

投稿: ピーママ | 2016年8月 3日 (水) 22時29分

chickぽんずママへ
ビッキーと暮らしはじめて、一日たりとも離れてたことがなかったから、生活に大きな空洞ができてしまった感じです。
改めて、ビッキーの存在の大きさに愕然とし、悲しみの底に沈んでいってしまいます。
ビッキーを何時間も苦しませてしまったこの後悔が薄れるとは思わないけど、悲しみはいつの日かビッキーとの想い出に変わるのかもしれないね。
今はただ、ビッキーに「ありがとう」って言いたいです。

投稿: ビッキーママ | 2016年8月 4日 (木) 00時06分

geminiピーママへ
そうだね、後悔のないお別れなんてないのかもしれないね。
でも後悔だらけで今はつらいな。
亡くなっても昨日まではビッキーに触れることが出来てたけど、今は撫でることさえできなくなっていっそう寂しいよ。
ピーママもこんなつらい思いを乗り越えたんだもんね、あたしも乗り越えなくちゃだね。

投稿: ビッキーママ | 2016年8月 4日 (木) 00時22分

私も愛犬を亡くし、
直後は、自分が生きているのか死んでいるのか、わからない不思議な次元にいる感覚で、それでも、何かしてないとおかしくなりそうで、仕事は普段どおり装い続けてましたが、ふと涙は出てくるし、アルバムの写真を見ては号泣し、お散歩してた通りは、しばらく行けませんでした。
一年くらいは、そんな感じで、心臓が痛み、あの時こうすれば、とか己を責めたり何か原因を探したくて、でももう触れることの出来ない現実は変わらなくて、といった感じで、ぐるぐる巡ります。
そのうち、夢に出てきますよ。普段と変わらぬ感じの穏やかな姿でした。
まだしばらくは、悲しみと後悔と自責の念にかられるかと思いますが、時間とともに
楽しかった、一緒に過ごしたかけがえのない思い出に感謝し、出会わなければこんな悲しみを経験することもできなかった、と前向きに思えるようになってきます。
長文失礼しました。

投稿: マロン | 2016年8月 6日 (土) 20時34分

マロンさんへ
マロンさんの言う通りです。
私もマロンさんと同じように、何かをしていないと変になりそうで、黙々と仕事してます。
でもやっぱりビッキーのことが頭から離れず、気が付くと泣いてます。
ビッキーがいない生活に当分は慣れそうにありません。

でも、いつかビッキーとの思い出に感謝できるようになってる自分を想像できます。

マロンさんにとても勇気づけられました。
どうもありがとうございます。

投稿: ビッキーママ | 2016年8月 7日 (日) 00時58分

今年の広瀬川の桜並木。
ばったり会ってから、心配しつつ、ブログを拝見していました。

ビッキーちゃんはビッキーママさんと一緒に楽しく過ごした日々、そして懸命に看病してもらえたこと!充分、分かってる。

今は辛いですよね。寂しいですよね。
だって日常が変わってしまうんですから。受け止められないのは当然だと思います。

他人事ではなく、私にもいつか訪れます。
正直、多分耐えられない。。。
幸いにもティラは病気や怪我もなく、9月で9歳になります。
飼い主が、世話できるまで生きていてほしいのが願望です。。。

ビッキーちゃんと会えて、あの公園で遊び合った事を幸せに思います。

ありがとう❤ビッキー🐾

ILOVE ビッキー💕
fight🎵ビッキーママさん👊😆🎵

投稿: ティラ | 2016年8月14日 (日) 22時25分

ティラママさんへ

こんな日が来ることを覚悟はしていたけれど、ちょっと早すぎたお別れに後悔だらけです。
いっぱい病気で苦しんだビッキーが不憫でなりません。
今は心臓も苦しくなくなって天国で楽しく走り回っていることを祈ってます。

久しぶりに遊歩道でティラちゃんとティラママさんに会えてよかったと、今思います。
またいつかひょっこり、近くでお会いすることができるかもしれないことを楽しみにしています。

ティラちゃんには元気でいっぱい長生きしてもらわなくちゃね。

ビッキーのお友達でいてくれて
ありがとう。

投稿: ビッキーママ | 2016年8月18日 (木) 11時58分

しばらくブログから離れてしまっていたので、ビッキーくんが亡くなったのを知るのが遅くなってしまいました。記事で知ったので、びっくりしました。

11年、最後は苦しかったけど、ビッキーくんはママさんにかわいがってもらって幸せだったね。結局1回しか会えなかったけど、かわいいビッキーくんの姿は覚えてますよ。

後悔することも多いけど、一緒にいて楽しい時間の方が多かったはずですもんね。うちは耐えられなくて、ぽんずには悪いと思いつつ、新しい子を迎えてしまいました。

頑張って生きていかないとビッキーくんも困っちゃいますもんね。ビッキーくんお疲れさまでした&ありがとうね。

投稿: ぽんずパパ | 2017年1月 2日 (月) 04時19分

taurusぽんずパパさんへ
ご無沙汰してしまってすいません。
ビッキーとお別れして5ヵ月。
私はまだまだ立ち直れません。ビッキーの物は何も捨てられることができず、使っていたものも同じ場所に置いたまま。
雨が降ってきてもすぐに着られるようにレインコートは玄関に、お散歩バッグもリードも・・・。
毎日がただ通り過ぎていく感じで、お正月とか祝う気にもなれなくて、ただただ寂しい。
こんなつらい悲しみをぽんずパパさんも乗り越えてきたんですね。
わたしも乗り越えなくてはビッキーも心配してしまいますね。時間がかかるかもしれないけれど、心が元気になったらブログにお邪魔します。

今年も元気なぽんずファミリーでありますように。

投稿: ビッキーママ | 2017年1月 3日 (火) 14時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/311243/66814834

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうビッキー:

« お別れ | トップページ