2016年8月 3日 (水)

ありがとうビッキー

今日もビッキーはただ眠っているかのようで、とても安らかな顔でした。
「いい子だね、可愛いね」そう言いながら撫でていると目を覚ましてくれるんじゃないかと思ってしまうぐらい。
そして最後のお別れの日がやってきてしまった。
本日、8月2日にビッキーを火葬し、そのまま納骨させてもらいました。
でかチワワなんて言ってたけど
遺灰はとても小さくて、躊躇われたけどどうしても身近にも置いておきたくて、ほんの少しだけ分骨して持ち帰りました。
昨日まではビッキーに触れられたのに今は小さく小さくなってしまいました。


001

それでもなお、ビッキーの死をまだ信じられない気持ちがあって戸惑ってしまう。
前日には仕事部屋に入ってきて足元で寝てたり、珍しく食事をしてくれたりしてたから実感がわかない。
それでいて
目をつぶると、ビッキーのとても苦しくて助けを求める顔が浮かんでしまい胸が張り裂けそうになる。
急変するのが、あと3時間遅れていてくれれば病院へ行けたのにと思うと悔やまれる。
助からなかったとしても、あれほど苦しまなくて済んだのにと。
そして、酸素ハウスから出して腕のなかで看取ってあげたかったと、後悔だらけ。
とてもいい子のビッキーだったのに、あんなに苦しい思いをさせてしまった。
死を受け入れらない気持ちとしてあげられなかった多くの後悔と、深い悲しみが交差して・・・
きっと時間が解決してくれるのかもしれないけど、やっぱり今は無理。
でも、泣いてばかりいたらビッキーが天国へ行けなくなっちゃうから頑張ってみるね。

みーちゃんにも心配をいっぱいかけちゃったけど、私は大丈夫だからね。「ありがとう」


ビッキーには本当にたくさんの楽しい思い出をもらいました。
11年という短い時間だったけど、一緒にいられて幸せだった。
ビッキー、たくさんの幸せをありがとう。
ママの息子でいてくれてありがとう。
やさしいビッキーが大好きだったよ、そしてこれからも。



002
みーちゃん&パピーさんからのプレゼントが届いたのが出かける前だったのでビッキーにオモチャを抱かせられてよかった。奇跡的だった。
ありがとうみーちゃん、パピーさん。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

お別れ

7月29日朝

ビッキーは永眠いたしました。

ビッキーのこといつも支えてくれたブログのお友達の
みなさん、今まで本当にありがとうございました。


そして何よりもビッキー・・・
今までありがとう。

| | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

順調に回復♪

ビッキーは術後、順調に回復しています。

このブログを書いている足元で今こんな感じでいる。

After0

「早く夕ご飯にならないかにゃ~」

手術より1週間、よくぞここまで回復してくれた。嬉しいよ~。

食事をしない、シッコをしない問題児だったせいでビッキーは予定より早く退院させてもらえました。
住み慣れた部屋へ戻ってきたビッキーは、とっても安心したみたいだったけど、眠ることも出来ず半目を開けてヒューヒューと小さくうなりながらじっと痛みに耐えていました。

After1

そんな姿が可哀そうでたまらなかったヨ・・・。

ウンチを柔らかくするお薬も飲んでいるせいで我慢できなくなると、痛みと闘ってツライ時でも教えてくれて一度も失敗せずにお外で排泄でき、本当にいい子なビッキーだったね。

痛くて大変そうなビッキーだったけど食欲はすごくあったのが救い。

そして少しずつ良くなってきたせいか、今ではちょっと目を離すと・・・

After2

金さんか?!
こんなことになっちゃってて、冷っとさせられる。
元気になってきた証拠なんだけど、これは放ってはおけないので夜眠る時は病院のエリカラにしておかなきゃ・・・。先生に怒られちゃうよぉ。


退院したばかりの時の傷後は失神しそうなくらい怖かったよ。
(気の弱い人は飛ばしてーーー。)









After3

痛々しい手術の痕。
抱っこするのも怖かった。


After4


今では腫れもだいぶひいてきて、お散歩も少しできるようになりました。

そんな頑張ったビッキーに今朝、ころひなファミリーのみーちゃんから素敵なプレゼントが届きましたーーー。

After5


たくさんのおやつに、あったかちゃんちゃんこ♪
あたしにも夏みかんチーズケーキやホットアイピローとかワンコのキーホルダーとか沢山のプレゼント。
あらためて、「みーちゃんありがとう!」

後にしようかと思ったんだけど、ビッキーもその気だったので「やまぐち名物ふぐちゃんちゃんこ」着てみました。

After6

番頭さんか!

それにしても似合いすぎだよね。
今年の冬はちゃんちゃんこでぬくぬくだねっ、番頭さん。



そいでもって我慢できずにくわえてしまいました。

After7


この後、大好きなこのおやつを隠しにいったのはいうまでもありましぇん。
今回はいつ食べるんだろう。

手術がんばった甲斐があったね。

今はまだまだ目が離せないけど、
来週はもっと元気になってるんだろうな~、嬉しいなぁ♪

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

手術しました

久々の更新なのに、いきなりビッキーの手術の話ってのも何なんですけど・・・。

書いておかないと細かいこと忘れちゃうから・・・。

ビッキーが便秘気味になったのが1か月ぐらい前からのこと。
茹でて細かく刻んだキャベツを毎日あげてたんだけど、ネットで繊維質の取りすぎでも便秘になるという記事があったので、そのせいだったのかなと思ったりしてたんだけど・・。
キャベツを控えるようにしても、やっぱり排便に苦労することがあるビッキー。

もしかして「病気?!」

病院へ行くとすぐにヘルニア(脱腸)と診断されてしまいました。
その数日後に手術を担当する先生による検査。ビッキーは心臓が弱いので手術にはかなりリスクがあると聞いただけで、目の前真っ暗。
でも手術しないと治らないし・・・。

検査ではお尻に指を入れられてたりもして辛かったんだよね。

Ope1

肛門ヒリヒリ。

そして遂に手術の日取りが7日に決定。こわいよ~!

手術の前日はK公園でのお友達ポッキーちゃんが待っててくれて、ビッキーといっぱい遊んでくれて、ビッキーは「また明日ね~!」みたいな感じで帰ってきたけど実は明日が痛い痛い手術だなんてわかる訳もなくて、そのことがいっそう辛かった。

手術へ送りだす前にはちゃんとビッキーに言葉で伝えてあげてねとみーちゃんに聞いたので、その夜にもいっぱいビッキーに説明してあげたんだけど、わかったかな?

手術当日、公園でお散歩して家へ帰り、病院へ行く準備をしている最中ずっとビッキーはゴハンマットの前でゴハンがくるのを待ってたりして・・・また涙。
代われるものなら代わってあげたい・・・またまた涙。

手術前に先生が心臓への配慮を最大に手術を行いますからと言ってくれたことが不安な気持ちを和らげてくれました。何かあった時には電話が来ることになっていたので電話が鳴らないことを祈り続けた長い長い時間。
そして5時になっても電話が来なかったので無事手術が終わったことを知り、少し時間を置いてビッキーに面会にいきました。

ドキドキ・・・。

まだ麻酔が覚めきっていないビッキーはボーっとしていて、何が起こったのかわからない顔をしながらも、ビッキーと呼んだら小さくシッポをふって返事してくれました。

Ope2

右側に出てしまった腸を元の場所へ固定するために肛門筋を移植するという手術らしく、手術は2時間かかったそうです。同時に去勢手術もしました。

Ope3

このまま入院して退院は火曜日頃の予定。
もう少し早くできないか申し出たけど却下されてしまったヨ。



その夜はビッキーのいない夜がとても淋しくて、疲れていたのになかなか眠れなかった。


そして手術の翌日は午前中に面会へ。

Ope4

あれ?エリカラが貧乏っぽくなってる。

担当医の先生からビッキーがゴハンを食べてくれないのでいつも食べているフードを持ってきてもらえますかと言われたので、夕方にビッキーの大好きなフードを持って再院。
大好きなドッグフードを手に乗せて顔の近くまで持っていったら・・・
すんごい勢いで食べだすじゃありませんか!!
先生もビックリ。
オシッコをさせに外へ出てもただ固まって動こうとしないらしいビッキーにほとほと手をやいている状況らしく、
「本当に臆病で怖がり屋さんですね」
とため息交じりでした。

このままではストレスなのでもう1日様子を見て大丈夫そうだったら、毎日通院&安静という条件で早めに退院しましょうといくことになりました。

こりはビッキーの作戦勝ち?

当分はビッキーのお世話で忙しくなるな♪いっぱい甘えていいよーー!

ここまでやってこれたのも、ころひなママのみーちゃんのおかげです。
不安でたまらない時に、ころひなママのみーちゃんにたくさん励ましてもらいました。
忙しいのに何度もフェイスブックに書き込みしてくれてありがとう。

そしてぽんずママとぽんずパパにも色々心配してもらい感謝です。

ありがとう。

ビッキー復活の日は近いかも。

| | コメント (4) | トラックバック (0)